病気で失職したが、Polca で人の温もりを身に染みて感じた。

私にとって人生の転機は突然に訪れました。
1年前の夏、仕事中に熱中症にかかり、後遺症が治らず、そのまま退職することになったのです・・・。

サラリーマン時代は華だった

私は大学を出てメーカーに入社し、東京の本社に配属、3年目に主任になり、4年目に係長、そして7年目から異動になって神奈川県全域の責任者をしていました。
早朝も深夜も土曜も休日も関係なく出勤し、いま思えば激務でしたが、私はその仕事が好きでしたし、やりがいも感じていました。
自分の部署の売上を増やすため、がむしゃらに働いていました。

しかし転機は入社11年目に突然訪れました。

熱中症で緊急入院

仕事中に熱中症を患い、救急搬送され、入院。
頭の中では過去の人生の思い出が走馬灯のように巡り、このまま死んでしまうのか、と本気で思いました。
そのまま入院することになり、病院でひたすら点滴を打ってもらい、なんとか一命を取り止めました。

翌朝、謎に仕事への使命感が強かった私は、すぐに退院の手続きをして、午後には職場に戻りました。

しかし・・・

たかが熱中症、されど熱中症

後遺症が私を苦しめました。

ペンで字を上手く書けなかったり、キーボードを頻繁に打ち間違えたり、プラスドライバーのような単純な工具が使えなかったり。
家でも箸やしゃもじを落としたり。
飲食店でコーヒーカップを持つのに失敗してビショ濡れになったこともありました。
また、人の話を聞き取れないことが多くなりました。いな、聞き取れはするのですが、意味がわからないのです。理解ができず、頭に入らない。これは仕事上、致命的でした。

強烈な危機感に襲われた

これらの症状は仕事をする上で明らかに問題がありました。
自分がこんな状態であるのがバレたらクビになるかもしれない。
そういう危機感を感じていました。

精神的にも追い込まれた

できるだけ症状を隠しながら仕事をするようになりました。
幸いにも部下はたくさんいたので、できるだけ部下に仕事を回すようにしました。
しかし、どうしてもミスを抑えきれませんでした。
必然とクレームが多くなり、その対処を部長や取締役にして頂くという状況に陥りました。
精神的にも耐え難くなりました。

そして再び倒れてしまう

熱中症を患ってから、軽いめまいは頻繁にあったのですが、3ヶ月後、激しいめまいに襲われそのまま倒れ込んでしまいました。
通りすがりの周りの方々が親切にも救急車を呼んでくださり、脳神経外科に運び込まれました。
ドクターいわく、脳梗塞のような症状とのことですが、検査ではその痕跡は見つかりませんでした。

その後、会社に行けなくなった

毎日のように病院に通い、様々な検査をしました。
なかなか決定的な原因は見つかりませんでしたが、血液検査で腎臓の数値が非常に悪くなっていることが判明しました。
腎臓が60%しか機能していないのです。
熱中症の時に腎臓の細胞が死滅してしまった可能性も考えられるとのことでした。
そして、脳梗塞のような症状で倒れたのも、もしかしたら熱中症の時に脳の神経がやられてしまったのかもしれないと・・・。

人生が終わったと思いました。
それ以降、会社に行っても人に迷惑をかけるだけだと思い、しばらく休むことにしました。

未消化だった有給を、一気に全て使い果たしました。

退職

会社からは休職手続きをしてもいいから残れないかと説得されました。
しかし私にはやっていける自信がありませんでした。

自分で言うのもかっこ悪いですが、私は会社の中ではかなり出来る方でした。
その私がこんな最悪の状態で会社に復帰したくないというプライドもあったかもしれません。
「仕事できない私」が、他の社員に顔を合わせるのも嫌だったのです。(伝わりますかね・・・)

結局、退職することにしました。

会社を辞めて、どうやって生きれば良いのか

会社が借りてくれていた家を引き払い、ホームレス状態になりました。
彼女の家に潜り込ませてもらおうかとも思いましたが、退職したことを伝えられませんでした。
金の切れ目が縁の切れ目になったらどうしようという不安があったからです。
天気の良い日は外で寝たり、天気の悪い日は地下街などを探し回りました。

しかし、人は、あたたかかった

そのうち、泊めてくれる友達が現れるようになりました。
ご飯も食べさせてくれました。
色んな友達と会っているうち、1週間ぐらい食費を払わずに済んだ時もありました。
人のあたたかさを感じました。

彼女にも打ち明けました。
とても心配してくれました。

結局、人は、あたたかかった。

人生は、カネではなかった。

しかし世の中はカネ

人生はカネではないが、世の中はカネ。

退職後はフリーランスとして、とにかく自分の出来ることをやってみました。
学生時代に学んだプログラミングを仕事にしたり、趣味のカメラを仕事にしたり。
しかし、半年たって、収入は200万円台しかありませんでした。
このまま行くと年収は400万円台。サラリーマン時代の半分以下になります。

会社に所属しない自分の実力はたったこれだけしか無かったのかと、思い知らされました。
会社をやめたらストレスフリーになると思っていましたが、私の場合は自己嫌悪でストレスフルになりました。
顔面麻痺とかの症状から始まり、次第に体調を崩して気管支炎をこじらせ肺炎にまで至りました。

また、税金の高さにも驚きました。
昨年の年収が多かったため、今年の税金が高いのです。
生活費、医療費、税金・・・
「世の中はカネ」
容赦はありませんでした。

それにしても、髪が伸びすぎた

ところで、散髪にも行けないジリ貧生活を半年続けていると、髪が伸びすぎてしまいました。

そうだ、Polcaしよう

私はボサボサになった髪を切りたかった。
そこで、ひらめいたのです。
『人々は温かかった。誰か、散髪代を、支援してくれないだろうか・・・。』

なんと、ひと晩で8100円も集まった


Polcaの画面

夜にPolcaを立ち上げて、朝に画面を見てみると、なんと8100円も支援されていました。

※追記:このブログを見てから支援してくださった方もいらっしゃって、現在8600円です。

目を疑いました。
これは夢なのではないかと・・・。

しかし、それが現実だとわかると、嬉しさがこみ上げてきました。
なんて温かい人がいるのだろう・・・!!

さっそく美容室へ

さっそく美容室に電話して、その日に予約を取りました。


行きつけの美容室 渋谷の True

語弊を恐れずに言うと、私にとって美容室は月1回のキャバクラのようなものです。
指名ができて、付きっ切りで話を聞いてくれる。
私はこの半年間の出来事を担当の 伊藤さやか さんに話しました。

『すごい・・・感動的なストーリーですね・・・』


担当のスタイリスト 伊藤さやか さんと

おかげさまで、すっきりさわやかになりました。

会社を辞めてカネを失いましたが、それがきっかけで人の温もりを感じることができました。

支援して頂いた皆さま本当にありがとうございました。

支援してくださった方々

ほなちゃん(プロの酔っ払い)

昼の11時に待ち合わせして、11時1分にコンビニで缶ビールを買い、11時2分には『プシュッ!かんぱーい!!』。さすがはプロの酔っ払い。しかし、それだけではなかった。飲み終わると「空き缶はこちらへ」とゴミ袋を差し出すほなちゃん。「ゴミ袋常備してるん?えらいな!」「はい、一緒に飲み過ぎて泥酔した人が戻す時のために持ってます!!」・・・酔っ払いのプロ意識はさすがでした。

ほなちゃんのTwitter

ほなちゃんのブログ:飲酒ROCK

こにこなちゃん

シェアハウス「ヤるハウス」の同居人。優秀なマーケターなんですが、なぜかTwitterやブログはちんちんの話ばかり。(なぜ!?!?www)

こにこなちゃんのTwitter

こにこなちゃんのブログ:無益に生きる

ワカジツコウヘイさん

なんと、会ったこともないTwitterのフォロワーさんが支援して下さいました。(この支援を頂いた後、実際にお会いすることができました!)「面白かったから支援しました!」という、最高にクレイジーなライターさんです!!

ワカジツコウヘイさんのTwitter

ワカジツコウヘイさんのブログ:ワカジツな日々

イトハルママさん

ことあるごとに相談に乗ってくださる、親身で優しいイトハルママさん。体調が悪い時に家までサプリを持ってきれくれたりしました。中部地方で動物愛護活動をされています。

イトハルママさんのTwitter

イトハルママさんのブログ:犬と歩けば

ナッツさん

岡山で開催された「ヤるフェス」に一緒に行ったマーケターのナッツさん。車で往復したのですが、「深夜の時間帯に、長時間運転して頂き、本当にありがとうございました」とのことで支援してくださいました。しかも上乗せ支援までして頂きありがとうございました。

ナッツさんのTwitter

ナッツさんのブログ:なつろぐ

こばりょーさん

睡眠デザイナーのこばりょーさん。巨○です。私は自分ではショートスリーパーだと思っていたのですが、単なる不眠症でしたwww

こばりょーさんのTwitter

こばりょーさんのブログ:Koba Lab

きたしょーさん

ヤるハウスの同居人の、伸びシロ抜群の新星ブロガー!!昼も夜もずっとパソコンに向かっていて、その情熱には感心させられます・・・!!

きたしょーさんのTwitter

きたしょさんのブログ:きたらいふ

quamashiさん

東大卒の、ホームレス。(なぜ!?!?www)ヤるサロンでお世話になりまくっています!!

奇祭ハンターちよ子

世界じゅうの祭りを旅して回っている奇祭ハンターのちよ子。祭りを巡るうちに世界を3周もしたという、とんでもない旅人です!!現在、スポンサーを募集中です、応援をお願いします!

奇祭ハンターちよ子のTwitter

奇祭ハンターちよ子のブログ:EARTH FESTIVAL

のび太さん

岡山のヤるフェスに一緒に行った天才ライター。撮影の仕事も頂きありがとうございました!!

のび太さんのTwitter

のび太さんのブログ:アイアム地球人

りょうちゃん

ウェブメディア「美人カフェ」のオーナーさん。伸びシロサロンとヤるサロンでお世話になっています!!

りょうちゃんのTwitter

りょうちゃんのブログ:美人カフェどっとこむ

いたるさん

ヤるハウス同居人の、野菜のプロフェッショナル。先日のイベント「ジャックナイト」ではトマトの仮面をかぶって参加者にトマトを配り、目立っていましたwww

いたるさんのTwitter

いたるさんのブログ:野菜のレストラン

じゅりさん

病後、お世話になっている管理栄養士さん。今月からヤるハウスに住んでいただくことになり、なんと同居人になりました。管理栄養士さんも住むヤるハウス、病人の私には心強すぎますね・・・!!

じゅりさんのTwitter

じゅりさんのブログ:アスドリファクトリー

マッキー

たまたま同じ税務セミナーに参加していて、仲良くなったライターさん。優しさ溢れる癒し系の旅人。たまに会いたくなる!!

マッキーのTwitter

マッキーのブログ:マキナビ

みすけさん

無職のみすけさん。彼も半年前にうつ病で会社を辞めたという、同じような境遇の若者です。「以前、家に泊めさせてもらったので!」と、まさかの無職なのに支援してくれました!!いやいや・・・でも無職なんでしょ・・・さすがに悪いので今度メシおごりますね・・・。

みすけさんのTwitter

みすけさんのブログ:みずのーと

マキアートさん

ダンボール屋さん、ダンボール職人のマキアートさん。まさかのこのブログを見てから、まさかの事後に支援頂きました!!ありがとうございます!

マキアートさんのTwitter

マキアートさんのブログ:クラフトマンエッセンス

みなさま、ありがとうございました!!

ホテルズコンバインド(HotelsCombined)